団塊世代が後期高齢者になる2025年


第2次世界大戦が終わった後、1947年~1949年に日本では出生数が著しく増加しました。この時代をベビーブームといい、このころに生まれた人たちを団塊世代といいます。団塊世代の出生数は3年間で806万人と、他の世代と比べてもその数は突出しています。また、団塊世代は、それまでの生き方に縛られることなく、戦後の新しいライフスタイルを作ってきた世代でもあります。


終活が注目され始めたのは、この世代が60代にさしかかった頃です。団塊世代の人たちは、現在、自分らしく生きるという、新しい高齢期のライフスタイルを模索している最中にあります。


そして、2025年には、団塊世代が全員75歳以上の後期高齢者になります。75歳以上になると、介護が必要になる人の割合が増え、1人あたりの医療費や介護費も急増します。そのため、団塊世代が後期高齢者になる2025年は、高齢者を支えるしくみを運営するうえで、大きな転換点になると考えられています。



国や自治体も、2025年に向かって、制度や税金の使い方の見直し、安心して暮らせる地域つくりなどに取り組んでいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です