座右の銘: 一隅を照らす

天台宗を開かれた伝教大師最澄のお言葉です。
「一隅」とは今自分がいる場所や置かれた立場を指します。
自分自身が置かれたその場所で精一杯努力して、明るく光り輝く。
それこそ、何物にも代えがたい宝であると説いてます。

演劇の舞台も主役だけに目が行きがちですが、
脇役や裏方など、それぞれの担当をしっかり果たしてこそ、
観客が満足する舞台を上演することができます。
会社であれば上司と部下、家庭であれば夫婦・親子の関係もそうです。
それぞれにおいて使命を自覚し、自分の仕事や生活に励むことが基本です。


『一人ひとりがそれぞれの持ち場で最善を尽くす』
まだまだ未熟者ですが、私はそう心掛て人生を全うしたい。



/////////////////////////////////////////////////////////////////////