怒りが生まれるメカニズム


怒りの感情はどこからともなく沸き上がるものでもなく、空からいきなり降ってくるようなものでもありません。怒りが生まれるには仕組みがあります。



怒りの感情はライターを模して説明ができます。


燃えている炎が怒りだとします。ライターで火をつけるためには、まずは着火石をカチッとして火花を散らします。


火花を散らすのが「べき」が裏切られた時です。火花が散っただけでは炎は燃え上がりません。炎を燃え上がらせるにはガスが必要です。


※べきが裏切られた状況





そのガスとなるのがマイナスの感情、状態です。

マイナスの感情とは不安、辛い、苦しい、悲しいといったもの。マイナスの状態とはストレス、疲れている、睡眠不足、空腹といったものです。これらが大きいと、火花に大量のガスを送り、炎を大きく燃え上がらせることができます。





つまり、怒りの感情は次のようにも言えるのです。

///////////////////////////////////////////////////////

怒り=「べき」が裏切られる×マイナス感情・状態

///////////////////////////////////////////////////////


ということは、「べき」が裏切られる回数を減らすか、マイナス感情・状態を減らすことで、怒りの炎を燃え上がらせる回数を減らすことができます。





次回のテーマ:『「べき」が裏切られる回数を減らす』です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です