思考のコントロールの問題点


アンガーマネジメントができていない人の思考のコントロールの問題点は、三重丸が明確でないことです。


三重丸が明確でないと、他の人からしてみれば、あなたが何は許せて、何はまあ許せて、何が許せないのか理解が難しいということです。さらに悪いことに、三重丸は見えないだけではなく、形が日々変わってしまっています。


どういうことかと言うと、同じ出来事があったとしても、ある日はまあ許せるゾーンに入るのに、ある日は許せないゾーンに入ってしまうということです。言い方を変えれば、同じ出来事でも、ある日は怒るけど、ある日は怒らないということです。

なぜそんなことが起きるのかと言うと、アンガーマネジメントができていない人は三重丸が機嫌によって支配されているからです。



機嫌の良い日は許すけど、機嫌が悪い日は許さないと、怒る基準を変えているのです。これでは怒られた側はなぜ相手が怒っているのか理解できません。




機嫌に左右されることなく、怒る必要のあること、怒る必要のないことを決めるのが思考のコントロールを通じて行うことです。





次回のテーマ:「思考のコントロールで行う3つの努力」です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です