衝動のコントロール


アンガーマネジメントは怒りの感情によって後悔をしないことです。



なぜ衝動のコントロールが必要になるかと言えば、衝動のコントロールができなければ、怒りによって後悔することが生まれやすいからです。


怒りを感じた時、ついうっかり言ってしまったために取り返しがつかないことになってしまった。あるいはやらなくてよい余計なことをやってしまった等、怒りに反射をしてしまい、問題となることはよくあります。


衝動のコントロールで最も大切なことは、怒りによって反射をしないことです。反射とは考えなしに対応することです。考えなしに対応するのですから、良いことはまずありません。



反射をしないために、6秒ルールを守りましょう。
イラッとしても反射をせずに6秒待ちます。
6秒で怒りがなくなるわけではありませんが、少しでも理性的になることはできます




次回のテーマ:「衝動のコントロールのためのテクニック」です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です