お葬式・お墓の多様化


家族のかたちがかわるとともに、お葬式やおはあに対する人々の意識も変わってきています。

お葬式の形式は、家族と親しい人だけで行う家族葬が主流になりつつあります。
また、昔ながらの墓石のあるお墓ではなく、納骨堂や永代供養墓を選ぶ人も増えてきています。
先祖代々のお墓がある人でも、後継ぎがいない、お墓が通りなどの理由で、別の埋葬方法を得た部ようになってきました。



亡くなってからのことは、必ず自分以外の「誰か」が行うことになります。
そのため、あらかじめ自分の希望や情報を伝えておく必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です