一人暮らしの高齢者の増加


終活をする人が増えた要因の一つとして、
一人暮らしの高齢者が増えてきたこともあげられます。



かつての日本では、家長をちゅうしんとして、
親子、孫、兄弟姉妹などが同じ家に住みました。
後を継ぐものは、結婚後もその家で子供を育て親の面倒を見る。
このようなことが代々行われてきました。




しかし、現在は家や家族に縛られることなく、
個人が自由に生きることが出来る社会になりました。



結婚をしない生き方。
子供がいない夫婦。
子供と別に暮らすことが多い。

このような要因で、
親世帯は高齢者の一人暮らしとなるケースがふえています。




一人暮らしで医療や介護が必要になった場合、誰に面倒を見てもらうのか。。。
自分が亡くなった後の手続きは誰に任せるのか。。。



そのようなことを考えて、終活を始める人が増えてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です