相続を巡るトラブルの増加


相続争いというと、一部の資産家のもとと考えられがちですが、
家庭裁判所の調停件数が多いのは、遺産の価額が5000万円以下のケースなのです。


相続を巡るトラブルでよくあるのは、兄弟姉妹のうち、親の介護をした人としなかった人が
遺産の分け方でもめるケースや、子供のいない妻を亡くした時に、夫の親や兄弟姉妹から
遺産分割請求されて困るケースなでです。


自ら親が配偶者の相談でもめた経験から、自分の想像では遺族同士が争わないように、
何かしらの準備をしておかないといけない、と考える人が増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です